ちょっとした滞在に!マンスリーマンションが人気の理由

マンスリーマンションという選択肢

短期の用事や出張で家以外の場所に宿泊する際、ホテルに泊る人が多くいます。しかしそれが何日も続いてホテルでは落ち着かないのであれば、マンスリーマンションがおすすめです。マンスリーマンションとはいわゆる短期契約可能のマンションの事で、テレビ、冷蔵庫、ベット等の家具家電が常備されている部屋を言います。最近では食器、洗剤、ゴミ袋等の一人暮らしセットが揃っている物件もあるので、入居当日から自分の部屋の様に落ち着けます。

金銭面でのメリットが大きいマンスリーマンション

マンスリーマンションは敷金、礼金不要に加え家具家電が付いているので自分の身一つで入居可能な為引っ越し代も節約できる等、金銭面でのメリットも大きいです。一般的にマンスリーマンションの相場は場所にもよりますが一日3000円~6000円で、清掃料や光熱費、強固なセキュリティーが付いている所がほとんどです。しかし家賃だけで比較すると通常の賃貸物件の方が安い場合もあるので、長期滞在の場合は通常の賃貸物件と比較すると良いです。

マンスリーマンションを契約する時の注意点

マンスリーマンションを借りる際は普通の賃貸物件と同じ様に事前に契約が必要であり、中には入居審査、家賃の前払い等が必要な場合も多いです。普通の賃貸物件と違うのは最初から家具家電が常備されている事と、契約日数を自分で決められる事です。マンスリーマンションの多くは一週間~1年以内で好きな日数滞在する事が可能です。この際ホテルではないので何泊ではなく何日という数え方をする場合がほとんどなので、契約の際は数え間違いに注意が必要です。

新生活を始めるまでの住居や、通院等のために滞在地が欲しいのなら、マンスリーマンションを利用してみると良いでしょう。お手頃な価格で必要な空間が用意できて快適です。