東京で保育士になりたい!どうすればいい?

まずは保育士資格取得から

保育士になる最短コースは高校卒業後に大学や短期大学、専門学校で学び、2年間で8科目の筆記試験や2科目選択の実技の全ての試験科目に合格しなければなりません。合格率はなんと10パーセントから20パーセントの低さです。昼間学校に通うのが無理なら、通信教育を利用する、あるいは高校卒業後児童福祉施設で2年以上2880時間以上の実務経験を行えば国家試験受験資格が得られます。東京で保育士として働きたいなら、まずは東京の学校のパンフレット集めから始めてみてはどうでしょう。

どんな保育士を目指したいか

大学、短期大学、専門学校のどこで学ぶか、どんな学校があるのかの情報収集をします。専門学校は2年間で卒業という所もありますが、最近は病児保育等、より専門的な勉強のために3年間コースを準備している学校もあります。保育士というと保育園で働く人というイメージがありますが、実際は各施設や病院、ベビーシッター等多くの場所で保育士は必要とされています。将来どんな場所で働く保育士を目指したいかというのも学校選びの重要なポイントですね。

東京の学校に通うメリット

東京の学校で学んで保育士国家試験に合格し、いざ就職という時には学校の進路相談時に都内の就職先を探してもらえたり相談にのってもらえます。学校に通う大きなメリットの一つです。学生の間に先輩方が働いている場所に実際に行ってお話を聞ける機会もあるかも知れませんし、そんな経験を積むことでより東京でどんな形で働きたいかの具体的な目標が見えてくるのは大きなポイントと言えるでしょう。保育士として必要な知識と体力と忍耐力を携えて、理想の働き方に向かいましょう。

共働きの子育て世代が増えて保育士の求人需要が増えていて、特に保育士の求人なら東京が有利で高賃金で好条件の募集が増えてます。