保育士になるにはどうしたらいいの?その過程とは

保育士になる為の必要な事とは

保育士とは、ただ子供が大好きと言うだけでなれる職業ではありません。子供が大好きというのは、勿論の事ではありますが、子供達が健やかに成長する過程に置いて、多数の子供達の指導や援助を行う、体力が必要な責任重い職業でもあります。その保育士になるには、保育士資格が必要になります。その資格を得て、地方公務員試験や民間の採用試験を受ける事が出来るのです。そして、採用試験に合格して、はじめて保育士として働ける道が開けます。

保育士の資格の取得方法

昔は、保母さんと呼ばれ、女性の職業として注目されていましたが、児童福祉法改正により、男性もこの仕事に就けるようになり、その後、保育士と呼ばれるようになりました。勤務先は、公立や民間の保育所、児童養護施設などをはじめ乳児院やベビーシッターなど幅広くあります。保育士になるには、保育過程を持つ大学や短大、専門学校を卒業すれば、自動的に資格を得る事が出来ると言うのが一般的とされます。それ以外の場合、一般大学や高等専門学校卒業、児童福祉施設で2年以上の実務経験があるなどの場合は、保育士の国家試験を受験し、合格する事で資格を得る事ができます。

公立の保育所で働く場合のメリットとは

保育士として働く勤務先について、公立の場合は、地方公務員として働く事になるので、採用試験も難しく、幼稚園教諭免許を取得している事、年齢などの条件や同じ自治体内での転勤がある事や新卒者と言ったような条件も付き、更に、地域によっては、退職人数が少ない場合などには、採用人数も少なく、更に狭き門となり、私立よりも遥かにハードルが高くなると言えます。その分、私立の施設に比べ、給料も高く、公務員と言う安定性もあります。

保育園での求人を探しているなら、効率よく調べましょう。求人サイトでエリアや給与を限定して検索すれば、すぐに該当する保育園が見つかります。