知っておきたい!食事を介助するときのポイント

おいしく食べてもらうために!

認知症の人でも、健常者と同様に食事は楽しみなものですよね。おいしく食べたいと願う高齢者の望みを叶えるのが、介護者が第一に考えたいことですね。食事がおいしいと思えるのは、リラックスしたうえでのことですよね。そのためには、急がせたり、衣服などの汚れをとがめたりするのは厳禁ですよ。オムレツなど、ごく当たり前の料理でも、認知症の人は分からないことがあるんですよね。こうした高齢者には、献立についてよく説明し、味を思い出させるなど食欲が高まるような声かけをしましょう。

食事の前にしておくこと

要介護者に、ゆっくり安全に食べてもらうためには、準備をしっかりしておくことが大切ですよ。要介護者が食事に集中することができるように、介護する側も落ち着いた態度で接することが大事になってきますね。食事の前の準備のポイントを覚えておくとよいでしょう。要介護者が目覚めているかよく確認して、食事の前には排泄を済ませておき、テレビなどを消して、食事に集中できるような環境をつくりましょう。たとえ全面的な介助であっても、本人には手を洗ってもらったり、拭いたりして清潔を保ちます。長年の習慣で手を洗うことで、食事のムードが高まりますよ。

覚えておきたい!食事の介助の仕方

食事の介助をするときには、まずエプロンをかけ、テーブルに広げましょう。お茶を飲んでもらうことで、水分補給を促すとともに、口腔を湿らせて食事が通りやすくなりますよ。食事を飲み下す機能が低下した人が食べる「嚥下食」は、材料が細かく刻まれ原形が分からなくなっているものですから、「秋なので、おいしいお芋ですよ」など、食欲をそそるような説明をするとよいでしょう。相手がリラックスするように同じ目の高さで、好みを聞きながら、口腔を湿らす汁物から介助し、主食、副食と交互に口に運びましょう。

介護の派遣サービスとは、ケアマネージャー、ホームヘルパーや看護師などの介護関連スタッフの需要がある施設に対して、人材を派遣するサービスです。